お客様からの信頼と期待に励まされ、永木 精機は今日も一心にモノ創りに取り組んでいます。

永木精機の創業は戦後間もない1946年。以来、ガスや水道工事用の工具づくりを皮切りに、電力や通信、鉄道などの社会インフラの設備工事に使用する、特殊工具の開発、製造を手がけてきました。なかでも、送電線や配電線などの設備工事の際、通電したままでの作業を可能にした間接活線工具の開発は、業界において画期的であったと自負しています。ライフラインを担う工事現場では、なにより安全で、簡単に扱える工具が必要とされます。あらゆるご要望に耳を傾け、丈夫で使いやすいハンドツールを生み出すのが私たちの責務。どのような労力も惜しみません。お客様からの信頼と期待に励まされ、永木精機は今日も一心にモノ創りに取り組んでいます。

過去と未来はつながっています

私たちはの抜苦与楽の精神のもと、数多くの特許を取得しています。永木精機はつねに、新しくもっと安全でもっと便利な工具の開発のために前へ進んでいます。前へ進むために必要なこと、それは先人の教えの中にあると考えています。先を見るためにはしっかりと基本に立ち返ること、全てのヒントがそこにあるからです。永木精機の発展は日本のインフラの発展でもありました。70年の間、願い続けている「安全」は終わることはなくこれからもより一層の努力をいたします。そしていつか世界中で「メイドインナガキ」が「安全」の合言葉になる日を目指してまいります。

© Copyright 2018 NAGAKI SEIKI.