お客様からの信頼と期待に励まされ、永木 精機は今日も一心にモノ創りに取り組んでいます。

沿革

創業者 永木春弘

1st (1946~1969年)

社長
永木祥弘

4th
(2011年~)

会長
永木康司

2nd
(1969~2006年)

副会長
永木孝幸

3rd
(2006~2011年)

1946年 4月
永木春弘が大阪市に永木精機製作所を創立。大阪瓦斯㈱よりパイプ切断工具が指定製品とされる。パイプバイス、スリーブ捻廻機、各種ラチェットスパナ等の製造販売を開始。

1963年 6月
日本電信電話公社本社(現NTT)にてラチェットスパナが指定製品とされる。

1971年 6月
大阪本社及び工場を大阪府大東市に移転。10月 張線器が仕様承認。

1972年 5月
架線用張線器( ハルー)が指定製品とされる。

1973年 2月
東京営業所を開設。

1979年 1月
広島営業所を開設。

1984年 2月
活線用張線器(絶縁用ハルー)型式承認。

1986年 4月
活線振分工具(ホットプラー)型式承認。

1988年 2月
間接工具(ホットスティック)型式承認。

1990年 8月
青森県に「六ヶ所村工場」が竣工。

1993年 8月
福岡県大野城市に「九州工場」が竣工。

1995年12月
防衛省競争参加資格審査等級A取得。

2002年 1月
バイパスケーブル用引留カムラー型式承認。

2003年 7月
間接工具(ホットスティック)型式承認。

2007年 4月
仙台営業所を開設。

2007年 9月
創立60周年を祝し、X JAPANのボーカルTOSHIさんによる記念コンサートを青森県六ヶ所村スワニーにて開催。

2015年 7月
医療機器製造業登録。

2015年11月
福島県いわき市に「いわき事業所」を開設。

2015年12月
青森県むつ市に「むつ TECHNO CENTER」が竣工。

2016年 7月
創立70周年を迎える。

© Copyright 2018 NAGAKI SEIKI