会社案内:沿革

1946年 4月

大阪市にて永木精機製作所が創立される。
大阪瓦斯(株)の御指定に依りパイプカッターの製造をはじめ
製造開始と同時に工場内に技術研究部を設け、製造品の改善向上を図ると共に
諸工具の考案・試作・研究を累ねた結果
関西電力株式会社、東北電力株式会社と各電力会社にて、スリーブ捻廻機・ハグラー
日本国有鉄道(現JR)にて、各種ラチエットスパナ・枕木線締機・ハンドボール等
特許を得て発売。

操作説明風景1 操作説明風景2
1963年 6月 日本電信電話公社本社(現NTT)ラチェットスパナの指定を受ける。
1966年 4月 九州電力株式会社 11.4kV活線引留カムラー仕様承認。
1969年 7月 資本金1,500万円を以て法人に改組する。
1971年 6月 大東新工場に移転する。
10月 九州電力株式会社 張線器(ハイプル)仕様承認。
1972年 5月 中部電力株式会社 架線用張線器の指定を受ける。
1973年 2月 東京出張所を東京都品川区西五反田に開設する。
1979年 1月 広島営業所を広島市中区土橋町に開設する。
11月 日本国有鉄道(現JR)新幹線総局 トルクレンチ規格制定。
1983年 8月 日本電信電話公社(現NTT)本社
張線器の指名参加の許可を賜わる。
70年代の間接工具
9月 全国通信線路用機器材工業共同組合
加入する。
1984年 2月 東京電力株式会社
活線用張線器型式承認合格。
1986年 4月 関西電力株式会社
活線振分工具型式承認合格。
1987年10月 エヌジーケイ株式会社、
株式会社ナガキ産業を吸収合併する。
資本金を4,610万円とする。
80年代の間接工具
1988年 2月 九州電力株式会社
6kV用間接工具仕様承認合格。
3月 東北電力株式会社 活線用張線器型式承認。
10月 送電線建設技術研究会、維持会加入。
1990年 8月 青森県六ヶ所村工場竣工、稼働。
1992年 5月 東京電力株式会社 プラステックモールジング、型式承認合格。
1993年 3月 東北電力株式会社 延線ローラー、型式承認合格。
8月 福岡県九州工場竣工、稼働。
1994年 6月 東北電力株式会社 ホットスティック、型式承認合格。
1995年 1月 中国電力株式会社 間接活線工具用固定操作棒(大)認定。
12月 防衛省本省、競争参加資格審査等級A資格決定。
1996年 8月 創立50周年を迎える。
11月

日本電気協会、第41回 渋澤賞受賞(間接活線による柱間切断接続工法)

1997年 1月 関西電力株式会社より「間接活線工具・工法の開発研究」の感謝状を授与する。
3月 中部電力株式会社 災害復旧用ウインチの型式承認合格。
1998年 6月 北陸電力株式会社 線間拡大器型式承認合格。
11月 中国電力株式会社 間接カッター認定。
12月 中国電力株式会社 間接端末皮剥器認定。
2000年 2月 IS019001 認証取得。
10月 株式会社中電工 活線用張線器認定。
2001年 3月 東京電力株式会社 柱間引留工具承認合格。
5月 沖縄電力株式会社 6.6kV用間接工具型式承認合格。
2002年 1月 株式会社ユアテック バイパスケーブル用引留カムラー承認合格。
5月 株式会社九電工 ストレインロッド型式承認合格。
7月 株式会社四電工 間接活線用ホットプラー認定。
8月 沖縄電力株式会社 間接活線張線器作業用工具型式承認合格。
10月 日本電気協会、第47回 澁澤賞受賞(電線被覆剥取り工具)
12月 IS014001(六ヶ所村工場)認証取得。
2003年 2月 東北電力株式会社 締付トルク管理用トルクリミッター型式承認合格。
6月 NTT西日本 光ケーブル用工具提案。
7月 北海道電力株式会社 3.3kV用ホットスティック承認。
11月 株式会社四電工 間接活線用スペーサーN認定。
12月 中国電力株式会社 間接活線工具用複合型二軸先端工具認定。
12月 (財)日本消防設備安全センター
手動式消防用ホース端末部耐圧試験機(NF-N1)型式性能評定書取得。
2004年 4月 総務省において競争参加資格審査等級「物品の販売B」、「役務の提供等B」及び「物品の製造C」決定。
10月 中国電力株式会社 高張力バイパスケーブル延線機材及び間接活線工具等の承認合格。
2005年 4月 通信関連会社に対して屋根作業安全システムを提案し採用。
9月 六ヶ所村工場創立15周年を迎え、同工場において全社員が出席して記念式典を挙行。
12月 JR西日本旅客鉄道株式会社 ELシートを用いた乗車案内板を採用。
2006年 2月 株式会社四電工 皮剥ぎ工具及び高低圧共用短絡接地器具等の承認合格。
  株式会社きんでん 高圧ケーブル皮剥ぎ取り工具 EMシースカッター承認合格。
経済産業大臣賞受賞。
4月 代表取締役社長に取締役の永木孝幸が就任。
取締役会長に社長の永木康司が就任。
8月 本社及び本社工場創立60周年を迎える。
11月 東京営業所を品川区西五反田に移転。
  東北電力株式会社 ツインカムラーの型式承認合格。
12月 青森県知事室にローカルテクノロジーとして製品を紹介、展示。
2007年 4月 仙台営業所開設。
2008年 5月 株式会社トーエネック共同開発品DVカムラー 電設工業展・製品コンクールで日本電設工業協会会長賞受賞。
2009年 5月 株式会社きんでん 共同開発品 高圧ケーブル用絶縁耐カッター
関西電力株式会社 第38回全社技術研究発表会で特別賞受賞。
11月 澁澤賞受賞 電気新聞に掲載される。
株式会社九電工 共同開発品 高圧用活線張線器
株式会社九電工 共同開発品 KNカッター
2010年10月 六ヶ所村工場創立20周年を迎え、同工場にて式典を実施。
2011年10月 本社及び本社工場が創立65周年を迎え、全社員と来賓者合せ200名が式典に参加した。
11月 取締役副会長に社長の永木孝幸が就任。
代表取締役社長に専務の永木祥弘が就任。
ページの先頭へ